運動会の場所取りの時間とコツは?トラブルを避けるためのマナーとは?

公開日: 

最近の運動会は秋ではなく、
5月に行う幼稚園や小学校が増えてきました。

1年に1度しかない運動会ですので、
自分の子供頑張っている姿をビデオや写真に収めようと
少しでも良い場所を取りたいと思いますよね。

でも、そう思うのは自分たちだけではありません。
最近では、マナーを守らない親同士がトラブルになったりと
運営者側でも大変になっています。

今回は運動会の場所取りでトラブルにならないための
コツについてお話していこうと思います^^

スポンサーリンク

運動会の場所取りの時間とコツ

今では、
「前日からの場所取りはご遠慮下さい」
「当日の朝○時に開門しますので、○時以降に場所取りをお願いします」
となっている小学校や幼稚園や保育園のところが多いですが、
それでも地域によっては夜中にこっそりと入ってシートを
敷いているという人もいます。

あるいは、前日の夜から門の前で並んで場所取りの
準備をしている人もいます。

特に、年長さんなど、園での最後の運動会となると、
親御さんが思いでの1枚を残したいという思いで
張り切るのは分かるのですが、頑張っている姿を
レンズを通してではなく、直接見て応援してあげたいものです。

一部そのような人達がいる中で、
少しでも良い場所を確保しようと準備しても大変ですし、
運動会が始まる前に疲れてしまいます。

運動会の場所取りのコツとしては、慌てる必要はないということ。
開門時間に合わせて準備しても大丈夫です。

どういうこと?
って思うかもしれませんよね。

当然ですが、そんな時間に出かけては、
最前列はおそらくもう空いていないことでしょう。
とくに、マンモス校と呼ばれるようなところでは。

ですが今では、
カメラ専用の場所が確保されていたり、
敬老席が確保されていたりと、
そういった配慮がされています。

カメラ専用の場所ですと、
暗黙の了解で自分たちの子供の演技が終わると
自然と立ち去っていくので、ライバルは同学年の親御さんたちに
なるので、その時に合わせてビデオやカメラの準備をすれば大丈夫です。

あるいは、カメラ席に人が集まるので、
別の場所で自分は写真や動画を撮ると言う事も出来ます。

それで、おすすめな場所が遊戯や体操などは自分の子供が見える
正面か、斜め横辺りになり、徒競走であれば、
コーナーが終わる直線に入る手前のあたり。

そこだと、我が子以外に他の子供も映り、
みんなが頑張っているというのがよく分かりますので。

もし、自分の子供が一番遅かったとしても、
一生懸命な姿は後になって見てみると、それも良い思い出になります。

でですね、
肝心の場所取りはというと・・・
木陰や校舎や体育館の裏など、日かけになる場所を
確保することがコツです。

どうしてかというと、
お昼のお弁当に照準を合わせるんです。

強い日差しにお弁当も傷みにくいですし、
子どもたちの控え席は陽に当たる場所なので、
お昼ぐらいは休ませてあげたいものです。

運動会の場所取りにテントを禁止されていなくても、
最前列ではテントを立てることも出来ないですしね。

みんな必死に最前列を確保しようとする傍ら、
自分たちは日陰になるような場所を確保する。

そうすると、場所取りに夜中や朝早くから
出かけることもなく、普通通りの朝を迎えられるので、
元気の出るお弁当を作って、余裕をもって出かけられます。

戦わずして勝つ!
これが運動会の場所取りのコツですよ^^

運動会の場所取りのトラブルに気をつけること

運動会の場所取りにはけっこうな数のトラブルが起きています。

しっかりと良識を持ったマナーある親御さんがほとんど
なのですが、やはりたくさんの人が集まる場所なので、
中には一部ですが、自己中心的な人がいるのも本当です。

主なトラブルを取り上げてみました。

【場所取り前】

場所取りの際に、夜中にこっそり入って敷物を敷くと言うのも、
いくら自分の子供が通っている小学校や保育園や幼稚園だとしても、
不法侵入にあたるので、やらないでください。

だったら、朝一番、開門と同時に最前列を確保したいからと、
夜中から門の前で待機というのも、話し声や騒音など、
近隣の住民に迷惑がかかるものです。

スポンサーリンク

また、運動会の場所取りに行った時に、
友達や知り合いがいたので、横入りして一緒に並んでしまう、
あるいは友達の分の場所をとってある、
荷物だけ置いてあるなど、逆の立場だと、
「エッ!」と、思うのですが、
このようなことを平然としている人たちもいます。

【運動場に入ってから】

運動場に入って良い場所が取れたと思っていたら、
後から来た人が、自分の敷物の上に重なるように敷いてくる人や
友達を見つけたのか、当たり前のように割り込んできて
敷物を敷いたりとかする人もいます。

また、競技が始まると、見ず知らずの他人が
何食わぬ顔で堂々と自分のシートのところに入り込んで
カメラやビデオの撮影をしてくるような人もいます。

まだ、ひと声かけてもらえば、
「どうぞ」など言ってあげられるのですが、
そういう人に限って、用が済んだら何も言わずに
去っていくなど、普通じゃ考えられないような事があります。

ただし、
自分の敷物が必要以上に大きなもので、
子供を入れても3~4人程度なのに、
5~6人サイズの敷物を敷いていたりすると、
そのようなマナーのない人に遭遇しやすかったりします。

なので、もしかしたら
自分でも気づいていないけど、
周りに迷惑をかけるようなことをしているかもしれないので、
やはり、お互いが良識を持ってマナーのある行動を
心がけましょうね^^

運動会の場所取りでの必需品

運動会での必需品はお弁当や飲み物やおてふきなど、
最低限必要なものは、学校や保育園や幼稚園などの
しおりに書かれているので、あえて触れません。

それ以外に必要な物はどうなのか?
ということについてお話していこうと思います。

まずシートですが、
それでもやっぱり良い場所を取りたいと前の方の
場所を望むのであれば、人数にあったサイズのシートを
用意することをお勧めします。

一方、今回の私がお勧めする場所取りで行くのなら、
日陰で涼しくお弁当を食べて、くろいだりもしたいので、
大きなシートを用意することをお勧めします。

テントなどを敷くつもりであるなら、
後ろの人達には見えにくいですし、迷惑を考えると
自然と後ろの方の場所取りになってしまうのでは
ないでしょうか?

もしかしたら、テントでも堂々と前方の場所を確保している
と言う人もいるかもしれませんし、それにつられて
他にも同じようなことをしている人まで見かけるかもしれませんが、
冷静に判断してみると、大人げないと思いますよね^^
ああはなりたくないってね^^

そういうことも考えて、
やっぱり日陰に場所を確保するのが、
戦わずして勝つ
これが一番良いのではと思います。

しかし、この方法だと、
カメラやビデオ撮影には、
良い場所を確保するのは厳しくなってくるので、
カメラ席などをタイミングよく、うまく使う。

あるいは、人に迷惑のかからないように離れた場所から
脚立に乗って撮影するというのも良いでしょう。

ただし、小学校や保育園や幼稚園によっては
禁止されていることもあるので、確認しておいてくださいね。

あとは、デジカメやビデオカメラなどの倍率を確認して下さい。

一眼レフカメラなどだと、
レンズのズーム倍率が高いので問題ないのですが、
デジカメやビデオカメラだとどうしても倍率が落ちてしまいます。

そうすると、離れた場所からだと、
目一杯倍率を上げても子供の写った姿がどうしても
小さくなってしまうんですね。

私の経験上、
10倍ズームで何とかかなという感じなので、
できれば20倍以上などあると良いのかなと思います^^

参考にしてくださいね^^

まとめ

いかがでしたか?

運動会の場所取りは
入園・入学して、近所の先輩ママやパパに聞くと、
大変だよと言われるかもしれませんが、
最前列に場所取りを狙うのであれば、確かにそうかもしれませんよね。

運動会の場所取りのコツは、
まわりの考えや行動に流されず、
開門の時間に合わせて、お弁当を作り準備が
できるので、自分のペースで物事が進みますよ^^

私にも、
保育園に通う息子と、
小学校に通う娘がいて、
特に小学校では全校生徒が1000人位いる
いわゆるマンモス校と呼ばれる小学校ですが、
毎年このような場所取りの仕方をしているので、
本当にお勧めなんですよ^^

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑
リサーチアルチザンライト 解析用タグ 解析用タグ(SSL用) 携帯サイト解析用imgタグ 携帯サイト解析用imgタグ(SSL用)