多汗症の脇汗の対策方法!ワキガとの違いを知り、脇の改善をしよう

公開日:  最終更新日:2015/03/02

多汗症になってしまうと、
運動したわけでもないのに、
大量の汗が出てしまい、自分では
どうにも出来ないものです。

特に脇の多汗症だと臭いやシミなど
相手に気づかれないかとか、余計な意識をしてしまい、
物事に集中できなくなってくるものです。

スポンサーリンク

もしかして、ワキガかも?
など、脇に関しての悩みは男性だけでなく、
女性にも多くみられます。

今回は、多汗症についての対策と改善について
紹介していこうと思います。

多汗症の脇汗対策の前にすること

特に運動もしていないのによく汗をかいたりと、
多汗症やワキガに人には自覚症状がありますよね。

ですが、多汗症やワキガと一口に言っても、
原因は体質的なものと、精神的なものがあります。

自分なりに対策をしてはいると思いますが、
そもそもの原因が間違っていたら、どんなに対処しても
効果がでないので、まずは原因を探ることから始めないといけません。

ワキガ、多汗症と一口に言っても、これは精神的なものが原因になっている場合と体質的なものが原因になっている場合の2通りあると思います。

ですから、まず、この見極めをきちんとしていくことが大切だと思います。

ワキガ、多汗症は脇の臭いや汗を沢山かくことが気になってしまう症状ですが、この症状がどういう状況の時に起こりやすいかで精神的なものか体質的なものかの区別がつくのではないかと思います。

つまり、家に一人でいる時でも症状が起こってしまうということであれば、これは体質的な原因から来るものだと考えて良いと思います。
しかし、仕事や学校などで出かけ、周りに人がいる状況の時に症状が起こるということであれば、これは精神的な原因から来るものだと考えて良いのではないかと思います。

そして、この場合は、「自己臭恐怖」や「発汗恐怖」と言われてる神経症の症状になると思います。

そして、この場合は神経症の治療方法である森田療法などで対応していった方が良いのだと思います。

つまり、体質的な原因から来るワキガ、多汗症であれば注射や手術、薬で治療する方向で良いと思いますが、精神的な原因の場合は対応方法が変わってくると思います

多汗症とワキガの違いを見分けるには?

先ほどは精神的なものから来るのか?
それとも体質的に来るものなのか?
について触れましたが、多汗症とワキガは別物なので、
これらもどちらなのかを知らなければなりません。

でですね、
多汗症とワキガの違いについてですが、

・身内にワキガの人がいるかいないかを調べる

ワキガは遺伝性のものもあるので、身内に1人でも
いるようなら、可能性は高くなります。

・自分でニオイが分かったり、他人から指摘されたことがある

スポンサーリンク

自分のニオイは慣れているせいもあり、分かりづらいのですが、
自分でも臭うなと思ったり、他人からも「クサイ」あるいは、
ニオイで嫌な顔をされたなどの経験があると
可能性は高くなります。

・薄手の服を着ていると、脇汗が黄ばんでくる

ワキガの原因とも呼ばれるアポクリン腺から出る汗には
タンパク質や脂質や鉄分が含まれており、
これが黄ばみの原因となっています。

・ベタ耳(猫耳)である

耳垢が乾燥した耳垢(こな耳)に対して、湿った耳垢のことを言い、
本来はこな耳よりも優性遺伝ではあるのですが、
耳の中にはエクリン腺が存在しないために、
耳の中にアポクリン腺が存在するために汗をかいていて、
つまりは脇の下のアポクリン腺も発達していることを意味し、
必ずとは言えませんが、高確率でワキガであると判断できます。

・お風呂あがりでもすぐに脇が臭くなる

汗臭さは、汗に菌が付着して繁殖して、ニオイが発生するものなので、
お風呂あがりにすぐにニオイを感じてしまうようであれば、
汗ではなく、ワキガである可能性は高くなります。

以上が、主な見分け方ですが、
いくつか当てはまるものがあれば、
ワキガの可能性が高いので、
適切な知識を身に付け、対策していきましょう。

多汗症で脇下の改善方法

多汗症でも、ワキガであると判断できたのであれば、
体質的な問題なので、自分での改善は難しくなります。

主な方法として、手術や注射や薬などの療法があり、
保険が適用されるものとされないもの、
療法によっては再発したりするものもあるので、
やはり専門医などに相談されるのが良いですよ。

次に、脇が出ない場合だと、
どんな時に汗が大量に発生するのか?

ストレスや極度の緊張、あるいは自意識過剰になっているのか?
このような場合だと、精神的に来るものなので、
神経科や精神科などの専門医に相談したほうが良いでしょう。

肥満や運動不足など、新陳代謝や汗腺が衰えて、
他の部分は汗をかかずに脇などの一部に集中してしまうなど、
そのような場合ですと、基礎代謝をあげるために、
運動をしてみたり、食事や生活リズムの見直しを
してみるのが良いでしょう。

多少のことであれば、
市販品などの対策グッズはたくさんあるので、
それらをうまく利用してみるのも良いと思いますよ。

まとめ

まずは、原因を探ることから始めるのが大切です。

原因が曖昧で違った療法で対処しても、
効果はありませんし、時間やお金など
むしろ無駄な投資となってしまいます。

しっかりとした知識を身に付け、
適切な対策・改善を心がけて、
お役に立てれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑
リサーチアルチザンライト 解析用タグ 解析用タグ(SSL用) 携帯サイト解析用imgタグ 携帯サイト解析用imgタグ(SSL用)