梅酒の作り方を焼酎や日本酒で失敗しないコツと残った梅の利用方法

公開日:  最終更新日:2015/03/01

最近では、自分で梅酒を作ってみようと思う人が
増えていますが、実際には何から手を付けていいのか
悩んでしまうものです。

今回は、梅酒を初めて作る人が失敗しないように
おいしい梅酒の作り方と、飲み終わった後の
梅の再利用法について紹介していこうと思います。

梅酒の作り方で選ぶお酒は日本酒か焼酎のどっち?

梅酒を作ったことのある人は、
梅酒なんて簡単に出来るよと言われると思います。

人によっては、日本酒をベースに作ったり、
焼酎をベースに作ったりと様々ですが、
自分の好みによってどちらでも作ることは可能なんですね。

当然、ベースとなるお酒で焼酎の味も変わってくるので、
慣れてこれば、色々と試すのも良いと思います。

ですが、今回は初めての梅酒作りということで、
日本酒ではなく、焼酎で梅酒を作ることをお勧めします。

日本酒の場合だと、
酒税法の関係でアルコール度数20度以上という条件があったり、
またアルコール度数が低いと梅のエキスが抽出されにくかったり、
雑菌などが繁殖し、腐敗の原因など、
色々な制限に混乱してしまうからです。

ですので、今回はホワイトリカーで梅酒を作る
方法についてお話していきますね。

ちなみに、ホワイトリカーとは、
廃糖蜜を原料に精製されたものに、
加水したエタノールで無色透明な蒸留酒を指します。

一言で言えば、
焼酎に一種なので、
もし分からなければ、お店の人に尋ねてくださいね。

梅酒の作り方で失敗しないコツ

【梅酒作りに必要な材料】

・青梅 2Kg
・ホワイトリカー(35度) 1.8リットル
・氷砂糖 1.5Kg
・梅酒用のガラス容器 4リットル

【梅酒作りのポイント】

青梅はなるべく皮が硬く、実が締まり、種が
大きいものを選びます。

具体的な品種だと、
・白加賀
・鶯宿
・豊後

あたりだと梅酒用の梅に適しているようです。
また、傷のついた梅は捨ててください。
熟した梅などは、果肉崩れで濁り原因になり、
澄んだ梅酒ができないので、避けてください。

青梅のヘタの部分は竹串などで綺麗に取り除き、
よく水洗いをして、水気を綺麗に拭き取ります。

その後、青梅に竹串で数カ所刺して、小さな穴を
開けることで梅を型くずれさせること無く、
エキスだけを抽出しやすいようにします。

梅を便に重ならないように敷いた後、
氷砂糖をその上に敷き、梅が無くなるまで
交互に敷いていきます。

スポンサーリンク

梅酒の甘さを抑えたいようでしたら、
氷砂糖を500g程度に、また甘めが良いのでしたら、
梅と同じ2Kgと調整をしてくださいね。

ここまでできたら、
ホワイトリカーをゆっくりと注ぎ、
瓶の蓋を占め、キッチンの床下収納など、
涼しい日陰に保存しておきます。

そして、1週間に1度、瓶をゆすったりして、
中身の梅酒を混ぜてあげます。

早ければ1~3ヶ月ぐらいで飲めるようになりますが、
できれば半年から1年程度は寝かせてあげましょう。

そうすれば、
おいしい梅酒の完成です^^

梅酒の作り方で残った梅の利用方法

梅酒を作って、残った梅はどうしていますか?

良い味してけど、全部は食べきれないから
結局、捨てちゃってると言う人も多いのでは
ないかと思います。

ここでは簡単に余った梅酒の梅を利用出来る方法から、
ちょっとした手間で美味しくできる料理まで、
参考にしていただければと思います。

【残った梅の利用法】

・冷凍梅

手を加えるのが面倒だという人には、
簡単に美味しく出来るのが良いですね^^

・梅酒ゼリー

梅酒と梅酒の梅に砂糖とゼラチンパウダーと水とで
混ぜあわせて、煮立てて冷蔵庫で冷やせば、
梅酒ゼリーの完成です^^

・梅のジャム

梅の種を取り除いて、フードプロセッサーで
細かく砕いたものを、琺瑯鍋に移して、
グラニュー糖で煮込めば梅ジャムの完成。
仕上げにレモン汁を加えてひと煮立ちさせれば、
香りもよくおいしさ倍増間違いなし^^

・豚肉の梅酒煮

豚肉は肩ロースで、梅酒につけ置きして、
塩こしょうでフライパンで焼き、焼き色が付いたら
梅酒と水で弱火で15分煮込み、最後に梅を加えて
さらに20分ほど煮込んで、器に肉を盛ったら
クレソンなんかも添えると、おいしい豚肉の梅酒煮の完成^^

などなど、
意外と余った梅の使い道ってありそうな
気がしませんか?

慣れてきたら、色々な料理のソースなどに
添えてみると、普段と違ったちょっとリッチな
食卓という気分になりますよ^^

まとめ

梅酒作りって、
思ってる以上に簡単そうだなと
思いませんでしたか?

最近は、ぬか漬けなど、
自分で仕込んで食べるのが
ブームになっていたりしますが、
梅酒は手間なく作ることができるので、
初めてにはもってこいのものです。

また、残った梅も上手に利用して、
おいしく食べて、ゴミをなるべく減らせて、
まさに一石二鳥です。

それでは、おいしい梅酒作りを
がんばってくださいね^^

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑
リサーチアルチザンライト 解析用タグ 解析用タグ(SSL用) 携帯サイト解析用imgタグ 携帯サイト解析用imgタグ(SSL用)