ワーキングマザーの子育ての悩み!専業主婦の方が良いの?2人目はいつ?

公開日: 

結婚をして寿退社と言うのは、最近の日本では減ってきていますが、
出産と同時に会社をやめたりする人も減っては来ていますが、
まだまだ多いのが現状だと思います。

 

子育てにで育児休暇を利用できても、夫の理解や
企業や職場の同僚との関係など不安もたくさんあると思います。

 

今回は、ワーキングマザーの子育てについてお話していこうと思います。

 

スポンサーリンク

ワーキングマザーの子育ての悩みとは

景気が上向きになってきたと言われていますが、
都心部の企業や大手企業や上場企業などの一部の企業の話であって、
末端の中小企業などで働いていると、実感が低いと感じると思います。

 

そう言った中小企業に努めていると、
育児休暇の認識はまだまだ低く、企業としては育児休暇制度を掲げてはいても、
暗黙のルールで退社を意味するところも少なくありません。

 

そういう意味で、ワーキングマザーとして続けられるのかが大きな悩みですよね。

 

ですが、せっかく大学に通って頑張って就活して内定をもらって
今に至ってる会社なんです。

 

イヤイヤ務めていて、辞めたいと思うのならやめたほうが良いと思いますが、
育休使ってでも半年後や1年後、あるいは2年後に復帰して働けば良いんです。

 

前例がないなら、自分がお手本になれば良いんだと思います。

 

私の友達は、まさにそのような会社に努めていましたが、母は強しで、
2人目も同じように育児休暇を使い、今では後輩も同じように
ワーキングマザーとして働いているそうですよ^^

 

他にも、仕事と家事の両立や、保育園や幼稚園とのつきあい方や
子供が熱を出した時にすぐに会社を出られるかや、ママ友のことなど、
悩み事は出せばキリがありませんが、想定の範囲に収まらないのが現実です。

 

予定外のことなんて、いっぱい起きますが、
まずは、夫がどれだけ理解を示してくれるのか?

 

そして、自分がどこまで頑張れるのか?

 

それによってワーキングマザーとして仕事が続けられるのか変わってきますが、
神経質にならないことと、イライラを溜めないことではないでしょうか?

ワーキングマザーと専業主婦では子育てや生活などどちらが大変?

ワーキンマザーだと仕事に家事や育児と負担は多いですが、
専業主婦で一日中ずっと子どもと一緒で育児ノイローゼになる人もいるので、
どちらがよくて、どちらが悪いというのはありません。

 

働くのが好き、毎日が変化に富んでいるのが好き、
色々な人にあって話すのが好き、欲しいものがいっぱいある、
お金をためて旅行に行きたいなどだと、やっぱり働いている方が
イキイキしています。

 

一方で、掃除洗濯することで部屋の中が綺麗になるのが大好き、
美味しいご飯やお菓子作りが大好き、子どもと一緒にいて、
成長していく姿を常に見ていたいなど、
人によって、幸せに思うところや、苦痛に感じるところは様々で違います。

 

ただ、悲しいかな、近所のママ友がみんな専業主婦でそれの方が
良いと言っているから、親や夫など身近な人が将来のことも考えて
働いたほうが良いと言っているからなど、
本当の自分の意志とは違うことをしているのが最も苦痛で
どっかで無理が生じて一番ダメになるパターンかなと思います。

 

ワーキングマザーとして働く時に一番つらいのが、復帰直後です。

 

現場を離れてのブランクが有るため、職場になれるまで時間がかかりますし、
職場と自宅の往復だけでも疲れます。

 

また、職場復帰するため、子供も当然、保育園や幼稚園に預けるわけですが、
子供も同じように環境が変わるため、子どもと別れる時の泣きじゃくる顔には
慣れるまで辛く、心が折れそうになったりもします。

 

もしかしたら、夫の仕事も忙しく、家事も育児もほぼ全て一人でやらないと
いけないという場合もあるかもしれませんよね。

スポンサーリンク

 

そういう時って、男って仕事だけしていれば良いからズルいなって思うかも
知れませんが、どうして私だけが・・・と思うのが一番ダメなので、
夫もしっかりと巻き込んで、できる範囲だけでも良いので
みんなの協力が必要ですよ^^

 

そして忘れていけないのが、
お互いがお互いを思いやる気持ちが大切です。

 

当たり前のことだけど「ありがとう^^」です。

 

それでもワーキングマザーを続けるのが辛くなったら・・・
その時は、やめてしまっても良いと思いますよ^^

 

お給料などは下がるかもしれませんが、
女性のほうが働き口って、男性よりもありますし、
時間的な融通も効きますからね^^

⇒ 週1回2時間からでOK。時給1450円からの家事代行のお仕事。

⇒ 1時間2,190円の家事代行サービスCaSy

でもやっぱり、夫婦の協力があって成り立つものだと思いますよ^^

ワーキングマザーの子育てに2人目のタイミングはいつが良い?

ワーキングマザーとしての悩みにひとつに第2子の計画があると思います。

 

育児休暇は会社によって違いますが、最近だと2年という
企業も増えてきましたよね。

 

やっぱり続けるのであれば、自分の都合もありますが、
同じように会社の都合というのもあります。

 

自分が休んでいる間の代わりとなる人員のこともありますし、
毎日が同じような仕事だとしても、月日が過ぎてしまえば、
業務内容も多少なりとも変わってっくるので、
現場を離れすぎると、ついていけず、足を引っ張りかねません。

 

そこは双方にとって良いタイミングでの第2子を授かるのが良いと思います。

 

具体的には2つのパターンが有ると思います。

 

出産後にすぐに第2子の計画を実行し、
年子でも良いから連続して子育てに集中する。

 

第1子を出産して職場復帰してから、1~2年働いた後、
第2子の計画を実行する。

 

この2パターンが良いのではと思いますが、
高齢出産ではないにしても、ある程度の年齢になると、
遅くなれば2人目が授かりにくくなるので、
すぐにでも第2子の計画をたてるのが賢明かもしれませんね^^

まとめ

子供を授かるということは、
周りの人に少なからず影響を与えるものですから、
自分一人でと言うわけには行かないかもしれません。

 

ですが、タイミングを逃して、あの時していればとなってしまうのが、
後になってからではどうすることもできないので、
しっかりと夫婦で話し合って、どうしていくのかを決めていくべきですね。

 

でも、授かった時は授かった時なので、
予定外であれば、その時は「ごめんなさい」で図々しくして、
その分、あとでしっかりと恩返しをすれば良いと思いますよ^^
(第1子の時、職場のみんなに迷惑をかけた私(笑))

週1回2時間からでOK。時給1450円からの家事代行のお仕事。

1時間2,190円の家事代行サービスCaSy



 

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑
リサーチアルチザンライト 解析用タグ 解析用タグ(SSL用) 携帯サイト解析用imgタグ 携帯サイト解析用imgタグ(SSL用)