潮干狩りに子供連れで行く時の持ち物と服装は?赤ちゃんの場合には?

公開日: 

春から初夏にかけては潮干狩りのシーズン。

特にゴールデンウィークに潮干狩りに行って
楽しまれる方も多いのではないでしょうか?

今回初めてだけど、行ってみようかな。
久しぶりだけど、潮干狩りに行こうかな。
子供を連れて行くのは、初めてだな。

など理由はそれぞれあっても、
潮干狩りに行く持ち物や服装って
何がいるんだっけ!?
と、なりますよね。

スポンサーリンク

今回は、潮干狩りの持ち物や服装について、
特に小さいお子さんや赤ちゃんも一緒に連れて行くには
こんなものを用意した方が良いよと言うものを
紹介していこうと思います。

潮干狩りに子供連れで行く時の持ち物とは

・熊手

潮干狩り場によっては、貸出しているところも一部ありますが、
ほとんどは貸出をしていないので、用意しましょう。

安全面を考えてプラスチック製をお勧めしている人もいますが、
潮干狩り経験者から言わせてもらうと、じれったいです。

ですから、大人はステンレス製のもの、子供にはプラスチック製と
分けて使うと良いです。
子供は、ほとんど戦力になりませんが、体験させることに意味があるので。

熊手でも忍者熊手などは禁止されている場合があるので、
確認しておきましょう。

1人1個は用意しておきましょう。またはシャベルで代用。

・バケツとザルまたは網

取った貝を入れるためです。

網の場合だと、網目の大きさに注意
が必要です。
網目が大きい ⇒ 取った貝が網目から落ちてしまう
網目が小さい ⇒ 泥が抜けずに重くなってくる

バケツの場合だと、ザルがあった方が便利です。
すくった貝をザルの中で揺すって泥を落とすため。

私は、バケツとザルの方を愛用しています。

・軍手またはゴム手袋

海水浴場には、ちょこちょことガラス片があったり、
貝殻の破片など、素手で作業していると、知らず知らずの
うちに手が切れて出血していることがよくあります。

・クーラーボックスと飲み物

潮干狩りをしていると、時間が経つのも早いものです。
脱水症状予防のためにも飲み物は必要です。

また、水道水を入れたペットボトルも持参してくると、
もし手洗いするところがないという場合にも、
手を洗うことが出来ますし、使った後、海水を入れて持ち帰れば、
自宅で貝の砂抜き用にまた利用できますよね。

クーラーボックスは取った貝の持ち帰り用の入れ物として
使えるので、お勧めです。

あるいは、バケツをいくつか用意して小分けに貝を入れて
持ち帰ることも出来ますが、貝は結構水を飛ばすので、
タオルなどで覆ってあげてくださいね。(車の場合)

・着替えやタオル

子供連れで行くなら、間違いなく服が汚れていることでしょう。
ですから、着替えは必須ですが、大人も意外と気づかないうちに
裾やどこかしらが汚れていたりするので用意しておきましょう。

タオルと別にウェットティッシュも用意しておくと、
子供は飽きるのが早いので、作業中断に手をきれいに拭けるので、
あると便利です。

・ばんそうこうなど救急用品

ガラス片や貝殻片など、怪我をする可能性があるので
用意しておきましょう。

・折りたたみ椅子

潮干狩りって結構夢中になってしまって、気づくと潮が満ちてきたと
いう状態になってくると思いますが、長時間中腰であったり、
変な格好で貝を取り続けているので、体中痛くなってきます。

折りたたみ椅子があると、体への負担を和らげてくれるので、
あるとかなり重宝するはずです。

・レジャーシート

潮干狩り場では座れるような場所がないので、
レジャーシートがあれば、子どもたちの休憩にも
役立ちます。

スポンサーリンク

ついでにパラソルなど、日除け用のものもあると、
初夏の時期は日差しが強いので、あると便利です。

・日焼けクリーム

実はこの時期が一番日差しが強かったりしますし、
海からの光の反射など、紫外線対策も兼ねて、
こまめに塗りましょう。

以上が、
潮干狩りには、必要な道具となりますが、
こうしてみるとたくさんありますよね。

ですから、
子供を連れて行く場合は、
電車で行くよりも、車で行くことをお勧めします。

潮干狩りに子供連れで行く時の服装とは

・長袖の服

少し肌寒いなと思うのであれば、厚着をしていくと
良いのですが、温かい日でも長袖の服を着て行きましょう。

何度も言いますが、この時期は一番日差しが強いので、
日焼け対策のため、薄着の長袖着て行きましょう。
七分ぐらいだと、袖をめくる必要がないので、
作業に集中しやすいです。

あるいは半袖Tシャツに薄手のパーカーなどだと、
帽子もいらず首裏も日焼けしなくて便利です。

・ジャージやすっとしたパンツ

短パンだと、潮風に当たって体が冷えてきたら、
しゃがんだ時に裾が開いているために無意識に
汚れが付着なんてこともよくあります。

裾丈も七分丈ぐらいだと、寒くもなく、
裾が濡れることもないので、お勧めです。

・帽子

日差しが強いので、日焼けクリームを塗って
帽子もかぶれば、日焼け対策はバッチリです。

子供にはあご紐の付いたものをかぶらせましょう。

・靴

長靴またはかかとの固定できるサンダル。
ビーチサンダルだと、泥で足を取られるため、
おすすめできません。

・子供の服装

子供の服装も基本的には大人と一緒でも大丈夫ですが、
途中で飽きてきたり、転んだりしても大丈夫なように
水着の上に服を着させると言うのがお勧めです。

また、目立つような服を着させると、
子供を探しやすいですし、子供がまだ小さいようであれば、
犬用や迷子防止用のなどのリードをつけておくと、
子供が迷子にならずに安心です。

以上が、
潮干狩りをする時のおすすめの服装となります。

潮干狩りに子供連れでも赤ちゃんの場合は

結論から言えば、お勧めできません。

とは言っても、
兄弟がいて、上の子供に潮干狩りに連れて行ってあげたい。
体験価値を感じてもらいたいなど理由はあるかと思います。

その場合は、
一人は赤ちゃんに専属でついていてあげてください。

また、日差しが強いので、直射日光を浴びせないように、
こまめに水分の補給をしてあげたりと、
常に赤ちゃんに気を配っていなければなりません。

なので、
祖父母と一緒に行く、
あるいは友だちと家族連れで行く
などだと、それぞれが退屈しないで楽しく
過ごせるのではと思います。

まとめ

いかがでしたか?

潮干狩りは準備が意外と大変だなと
思われたのではないでしょうか?

これ以外にも、潮干狩り場の情報であったり、
潮の満ち引きのことであったりと、まだまだ調べることは
あるのですが、後日また紹介していこうと思います。

潮干狩りを家族で行くと、
大人は一生懸命、子供は遊んでいる、
子供「早く帰ろう」
私「もうちょっとで潮が満ちてくるからそれまでね~」
子供「もうつまんないから、帰ろうよ~」
私「もうちょっとだから」
結局、あと少しで帰ってしまうのですが、
それでも場所によってはたくさん取れるんですよ^^

で、結局は近所に配っていつものパターンと
なるわけなのですが・・・

子供は貝が好きだから、配ることに怒るのですが、
けっこう楽しいですよ~

それでは、
最後までお読みいただき、ありがとうございました、

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑
リサーチアルチザンライト 解析用タグ 解析用タグ(SSL用) 携帯サイト解析用imgタグ 携帯サイト解析用imgタグ(SSL用)