おみくじの種類や順番や意味とは?有効期間はどの位?対処法などは?

公開日: 

新年を迎えてあなたは毎年初詣に行きますか?

 

初詣に行って神社やお寺でお参りをして、その流れで
おみくじを引いたりしませんか?

 

おみくじには大吉や凶などの種類がありますが、
細かい順番って意外と知らなかったりしませんか?

 

また、人によっては複数の神社などに行って、
その度におみくじを引いたりする場合って、運勢はどうなの?

 

などなど、色々な疑問ってあると思うんです。

今回は、おみくじについてお話していこうと思います。

 

スポンサーリンク

おみくじの種類と順番とは

おみくじの種類や順番って、大吉が一番良くて、大凶が一番悪いと言うのは
分かると思うのですが、「吉」ってどの位置に入るんだろう?
人に聞いてみても、その人によって位置が違っていたりするんですよね。

 

それで、そもそもとして、おみくじの種類っていくつあるんだ?
と思い、調べてみると、一般的には7種類程度になると思います。

 

大吉>中吉>小吉>吉>末吉>凶>大凶

と言う順番になるそうです。(地域や風習によって違いはあるみたいですが)

 

もっと細かいおみくじになると、

大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>末小吉>
凶>小凶>半凶>末凶>大凶

 

となり、中には大大吉、大上吉、後吉の他にも
平、吉凶未分、吉凶相交など見たことないと思いますが、
珍しい物まで含めると約20種類もあるそうです。

 

おみくじは、「元三大師みくじ」で平安時代の天台宗延暦寺の高僧、
良源は1月3日に没したことから元三大師と呼ばれ、
延暦12年(912年)に人間の運勢、吉凶を五言四句の
漢詩百首で作ったものが始まりとされているそうです。

 

また、神社のおみくじを「御御籤」
お寺のおみくじを「御仏籤」と漢字で書くそうです。

おみくじの種類と意味は?

おみくじを引くのに、今年1年がどんなことが起こるのかを知り、
その結果に一喜一憂する占いのような感覚でするものだと思います。

 

それも間違いではないのですが、
おみくじの本来の意味は少し違っているようで、
これからの指針を示すもののようです。

 

なので、今年はどんな運勢なんだろうとおみくじを引くのではなく、
おみくじを引く前に心に願い事を決め、成就祈願するように引き、
それからおみくじを引いて、どう振る舞っていくのかを判断するものです。

スポンサーリンク

 

吉凶は願い事が成就しやすいか、それとも成就しにくいものなのかの可能性を表し、
大凶だからといって、達成できないのではなく、多難ではあるが努力することで
達成できることを意味し、逆に大吉だからといって怠けていては、
願い事が成就できなくなり、どちらにせよ精進しなければなりません。

 

また、おみくじには吉凶意外にも、金運や健康運や待ち人など、
いくつもの言葉が添えられていますが、成就させるためのヒントや
注意点が書き記されてることを意味しています。

 

あと、おみくじの裏には神様の言葉が書かれているものもあるので、
その心がけを守るようにすると良いのだそうです。

 

慢心せず、常に精進し、願いを成就させるための指針が記されており、
おみくじは日本人にはぴったりな感じがしますね^^

おみくじの有効期限や対処法は?

おみくじを引いた後の有効期限ってどのくらいなんでしょうか?
おみくじを1回だけ引いて、それで終わりというのなら、
1年間なのかなと思うのですが、何箇所か初詣に行って、
その都度おみくじを引くって場合もあると思うんです。

 

そんな時ってどうなんでしょうか?

 

おみくじの結果の有効期限は、やはり1年間のようですが、
次に引くまでの間が有効期限とも言われているそうです。

 

ただこの場合は、願い事をしてその願いが成就するまで続くそうなので、
1つ目の神社で「凶」が出て、2つ目の神社で「大吉」が出たからといって
「凶」から「大吉」に上書きされるようではないって事です。

 

おみくじを引いた後、持ち帰る人もいれば、神木に結ぶのもありますよね。

 

良い結果なら持ち帰っても良いのですが、
保管方法が重要で神棚や財布に入れておくのは良いですが、
処分する時は、おみくじを引いた神社でお焚き上げしないといけません。

 

また、吉凶どちらの結果でも境内の木の枝に結ぶのは大丈夫で、
悪い運勢の場合は、一度結んだらほどけにくい本結びで縛ることで、
願い事を成就させるために神さまに真剣さを伝える意味があるそうです。
(結び方には、諸説多数あるので今回は割愛します)

 

私も今まで、良い結果は持ち帰って財布にしまっておくのですが、
知らない間に無くしたりしていたので、一番いけないことをしてました(泣)

まとめ

今回おみくじのことをお話させていただきましたが、
調べれば調べるほど、奥の深い話で、こんな簡単に
終わるような話ではありませんでした。

 

でも、これだけでも、なるほどと思う部分もたくさんあり、
出来ればまた、おみくじについての記事を書いてみたいなと
思うのでした^^

 

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑
リサーチアルチザンライト 解析用タグ 解析用タグ(SSL用) 携帯サイト解析用imgタグ 携帯サイト解析用imgタグ(SSL用)