寒中見舞いのマナーと役割!時期はいつに出す?はがきはどれが良い?

公開日: 

「寒中見舞い」と言えば、喪中の方に出すはがきであったり、
喪中の方からいただくはがきと思っているイメージが強いですが、
それ以外でも寒中見舞いのはがきを出すことがあります。

 

年賀状でも時期が過ぎてしまえば、寒中見舞いとして出すのですが、
間違った認識で出してしまうのは、大人として恥ずかしいものです。

 

寒中見舞いとはどういったものなのか、
曖昧なところははっきりさせておいたほうが良いと思い、まとめてみました。

 

スポンサーリンク

寒中見舞いのマナー!役割とは?/h3>

年賀状では新年を祝い、挨拶の便りですが、
寒中見舞いは、寒さが厳しい季節に送る便りになります。

 

寒さが増す中、作物の育たない時期であったり、
風邪などの体調を気遣ったり、こちらの近況を伝えたりする役割があります。

 

寒中見舞いはどのような時に出すのかをまとめてみました。

・喪中の方に年賀状の代わりに出す挨拶状

・喪中とは知らずに年賀状を出してしまった相手にお詫びとしてもう一度送る

・喪中の方が喪中はがきなどで知らせてない相手から届いた年賀状の返事

・年末などに喪中になり、知らせる時期が間に合わずに送る手紙
 (喪中はがきで済ませる人も多いです)

・年賀状を出すのが、遅くなってしまった時の手紙

・年賀状を頂いた相手からの返事が遅くなった時の手紙

・お歳暮のお礼状が年内に返せなかった時の手紙

・寒中見舞いの返事

などなどがあります。

 

喪中の方は喪中はがきなどで殆どの知人には知らせてあると思いますが、
やはりどうしてもすべての人には知らせきれない部分もあるので、
そう言った方たちへの返信として寒中見舞いで返信をすることがあると思います。

 

また、喪中はがきには、
「喪中のため新年の挨拶なしで失礼します」という意味合いがあり、
「身内に不幸を知らせるためのものではない」というものなので、
喪中の方から寒中見舞いを出すということは、基本的にはないようです。

寒中見舞いのマナー!はがきを出す時期はいつ?

寒中見舞いを出す時期は、何となく年賀状のあとに出す手紙なのかなと
思っていると思いますが(私がそうでした)、二十四節気で区別されています。

スポンサーリンク

 

年賀状は松の内(1月7日)までに出すものとされていて、
それ以降が寒中見舞いとなるのですが、寒中見舞いには「寒」と言う字が
入っているように、「寒」の時期に出すものです。

 

「寒」とは二十四節気で言う「大寒」を指すので、
大寒(1月20日頃)の前後1週間の間が本来の出す時期のようですが、
地域や風習によって違いがあります。

 

なので、実際には小寒(1月5日頃)~立春(2月4日頃)までの間が、
寒中見舞いの時期とされています。

 

二十四節気はその年によって、多少変わってくるので、
具体的な日にちは頃とさせてもらいました。

 

また、「寒中見舞い」を過ぎてから出す手紙は「余寒見舞い」と言うそうですが、
まず送ることも受け取ることもないのではと思います。

寒中見舞いのマナー!はがきはどれが良いの?

喪中の方に出すのに、「年賀はがき」と言うようなことは無いと思いますが、
年賀はがきを出し遅れて、余っていたりすると、受け取る相手のことを考えて、
お年玉くじがついている年賀はがきの方が良いかなと思ったりしませんか?

 

親しい仲なら、良いのかも知れませんが、
マナーある大人の対応として、普通のはがきで送るのが良いと思います。

 

また、デザインやイラストなども
喪中の方に送る場合には、シンプルになりますし、
友人や知人に送る場合は、明るいデザインやかわいいイラストで
印刷されても大丈夫ですし、家族写真など載せても大丈夫ですね^^

 

出す相手によって使い分けが必要なので、
喪中のことを知らずに、誤って出してしまったとなってしまうと、
相手方に本当に失礼になってしまうので、
明るい話題のはがきを送るのであれば、年賀状で出しておきましょう。

まとめ

はがきひとつでも出す相手や季節によって使い分けが必要で、
すべてを理解するのは難しいですが、
それが日本人の良さだったりもするんですよね^^

 

自分が子供の頃は、
そんなのどうだって良いじゃん
なんて思っていたけど、
無知のままだと恥ずかしいなと思ったりします。

 

自分が思っていたように、子供たちにも同じことを言われますが、
成長していつかは同じように気付くんだろうなと思います^^

 

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑
リサーチアルチザンライト 解析用タグ 解析用タグ(SSL用) 携帯サイト解析用imgタグ 携帯サイト解析用imgタグ(SSL用)