暖房器具を比較!オイルヒーターの電気代は?省エネでおすすめなのは?

公開日: 

寒い冬を迎えるのに、
各家庭で寒さ対策に暖房器具を用意されると思います。

 

エアコンや石油ファンヒーターやこたつや電気ストーブ、
他にもまだまだたくさん暖房機器はありますが、
省エネで電気代が安く、でもしっかりと暖まるものを使いたいですよね。

 

今回は、その中でもオイルヒーターについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

暖房器具を徹底比較!オイルヒーターとはどういうもの?

まずはじめに、「オイルヒーター」ってどんな暖房器具なの?
と、思うかもしれないので、少し説明させていただきますね^^

 

オイルヒーターとはこういうものです^^

 

 

(楽天市場より参照)

 

スキーやスノボをされる方でしたら、ペンションやホテルなどで、
見かけたことがあるかと思います。

 

名前の通りで、機器の中にオイルが入っており、
電源を入れると内部のオイルを温めて、輻射熱により
部屋全体を暖める仕組みになっています。

 

即暖性はなく、じわじわと部屋を暖めていく感じですが、
部屋が暖まってくると心地よい暖かさが感じられると思います。

 

また、空気を汚すこともなく、乾燥させることもなく、
やけどなどの心配もなく安全性の高い暖房器具となります。

暖房器具であるオイルヒーターの電気代は省エネ?

オイルヒーターの最大の欠点がまさにこれ、電気代です。

 

オイルを温めて、温まったオイルが部屋全体を輻射熱で暖めるという
仕組みなので、熱効率が非常に悪く、電気代は数ある暖房器具の中でも、
トップクラスに高く付きます。

 

光熱費だけで考えるなら、ここ最近の省エネタイプのエアコンが
最も安く抑えることができます。

スポンサーリンク

 

私自身も冬のエアコンの使用が高いと思って、
他の暖房器具の方が安いのかなと思っていましたが、
この事実に少しショックでした(笑)

 

オイルヒーターで温めた部屋の心地よさが
ものすごく好きだったのですが、候補から外しました(泣)

暖房器具のオイルヒーターはおすすめではない?

光熱費という考え方なら、おすすめできないですよね。

 

また、輻射式ですが、電気ストーブなどのような即暖性はないですが、
エアコンのように部屋全体を暖めることはできるのですが、
どちらかに寄った使い勝手というよりは、
両方のイイトコどりで、見方によってはどっちつかずな感じのするものです。

 

と、良いところが無いような感じになっていますが、
部屋の空気は汚れないですし、乾燥もしないと言う他に、
寒い室内を強引に暖めた感じでもなく、なんとなく寒い感じもなく、
ひなたぼっこしているような心地良い部屋の暖まり方をします。
(私はこれが一番好き^^)

 

やけどなどの心配もないので、赤ちゃんや小さなお子さんや
アレルギーなどあるお子さんのいる家庭には良いのかなと思います。

 

なので、オイルヒーターのおすすめな使い方は、
最初エアコンなどで、素早く部屋を暖めた後、
オイルヒーターで暖かさを保つという使い方がお勧めです。

 

また、隙間風などをなるべく減らし、気密性をアップさせて、
窓の下に置いておくと、暖かい空気が上に逃げずに、
下の方で循環するので、置き方ひとつでも変わってきますよ^^

⇒ オイルヒーター【楽天市場】

まとめ

我が家では子供がアトピー持ちなので、
エアコンなどだと空気が乾燥するので、
皮膚がカサカサになり、あかぎれなどになると痛々しく、
何とかならないかなと思い、オイルクーラーを調べてみました。

 

電気代というハードルを超えられれば、
本当に良い商品だと思うんだけど・・・

 

今年の冬の過ごし方をどうしようか検討中の我が家でした^^

 

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑
リサーチアルチザンライト 解析用タグ 解析用タグ(SSL用) 携帯サイト解析用imgタグ 携帯サイト解析用imgタグ(SSL用)