食後横になると太るは嘘!?ダイエット効果や健康に良いのは本当!?

公開日: 

よく聞く言葉に、
「食事の後、すぐに横になると牛なる!」と言われますが、
これって本当なのでしょうか?

 

今回はそんな素朴な疑問について調べてみました。

 

スポンサーリンク

食後に横になると牛のように太るは嘘!?

どうやらこれは半分嘘で半分本当の話のようです。

 

食事の後にむやみに体を動かしてしまうのは、
血液が筋肉の方に回ってしまい、胃腸への血の巡りが悪くなり、
負担も大きく消化不良を起こしかねません。

 

食事の後、30分から1時間は安静にしている方が
良いと言われるのはこのような理由があるからです。

 

では横になるとどうなのか?

 

実は医学的にも体に良いと言われているそうです。

 

ただこれも横になれば良いというわけではなく、
胃の形に合わせて、右側が下になるようにして横にすると、
肝臓に流れこむ血液の循環が効率良くなり、胃の消化も促進されます。

 

ですが、横になって寝てしまうのは胃の消化活動が鈍ります。

 

また、左側で横になるのも、消化不良になったり、
胃液が上がりやすくなったりするので、病気の原因にも
なるようなので、注意が必要です。

 

ですが右側を下にして横になると、基礎代謝があがるため
ダイエットにも効果があると言うことなんですね。

 

なので、
食事の後、すぐに横になると牛になるというのは
半分嘘で半分本当の話ということになります。

食後に横になるのはダイエット効果も見込める!?

先ほど、右側を下に横になるとダイエット効果があると言いましたが、
これも本当なの?と、気になりますよね。

 

横になることで、体を起こしている時よりも肝臓への血液循環がよくなり、
肝臓への負担を減らすばかりでなく、代謝が良くなります。

 

そして、肝臓の基礎代謝は体全体の2~3割を担っているということもあり、
結果的に基礎代謝が上がることでダイエットにも
効果があると言われているそうです。

スポンサーリンク

 

子供の頃を思い出してみると、分かると思うのですが、
給食の後の5時間目の体育の授業、運動などすると、
お腹が痛くなった経験が誰にでもあったと思います。

 

食べたものを消化する活動は体にとって負担の大きな仕事なので、
さらに運動で負担をかけるのはオーバーロードなわけなので、
まずはしっかりと体を休めてあげましょう^^

 

だからといって、全く運動するな!
という話ではないので、適度な運動ももちろん、
ダイエットだけじゃなく、健康のことを考えても必要ですよ^^

食後に横になるだけで健康になるのは本当?

食後に横になることで、肝臓への血液循環が良くなり、
基礎代謝を上げることでダイエットにも効果があると良いましたが、
肝臓の働きを活発にさせることで健康にもなります。

 

ただし、横になっていると、ついウトウトと眠ってしまうことが
あるので、そうなってしまったら逆効果になってしまうので
注意が必要です。

 

肝臓の負担を減らすことが健康への近道!

 

アルコールの取り過ぎや、過度なストレス、重労働、運動のやり過ぎも、
肝臓の働きが鈍ってしまいます。

 

肝臓の働きを良くするためには、タンパク質をしっかり摂ることがお勧めです。

 

大豆や魚のほうが肉よりも健康に良いイメージがありますが、
エネルギーに変える力は肉のほう早いので、お肉もしっかりと
摂ることをオススメします。

 

また、魚や大豆にはタンパク質だけでなく、抗酸化作用の高い食材が多いので、
酸化に弱い肝臓にとっては必要な成分です。

 

偏った食事ではなく、バランスの良い食事を摂ることが、
そして、昔から言われるように規則正しい生活が最も健康的です。

まとめ

いかがでしたか?

 

食事の後に横になると牛になるというのは間違いで、
むしろ牛のほうが正しかったことになります。

 

牛に限らず、ライオンやチーター、他の動物達も
食後に横になっているのは本能的に分かっているのかもしれませんね。

 

では、
最後までお読みいただき、ありがとうございます^^

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑
リサーチアルチザンライト 解析用タグ 解析用タグ(SSL用) 携帯サイト解析用imgタグ 携帯サイト解析用imgタグ(SSL用)