暑さ対策の窓にすだれやフィルムよりも手軽で簡単おすすめな方法は?

公開日: 

毎年のことですが、今年の夏も暑いですね。

 

暑い日にはクーラーをつければ涼しくはなりますが、
その後の電気代が恐ろしくなります(汗)

 

やはり何かしらの暑さ対策はしておいた方が良いと思うのですが、
あなたは暑さ対策をしていますか?

 

調べてみるといろいろな方法があるのですが、
今回は、暑さ対策に窓で簡単に出来る方法を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

暑さ対策の窓にすだれをかけてみた時の効果は?

 

暑さ対策で最も簡単な方法はホームセンター等ですだれを買ってきて、
窓の外側にすだれを設置しておけば、直射日光や西日対策にはバッチリですし、
簡単に暑さ対策ができます。

 

ですが、すだれを簡単に設置できるのは、1階部分や2階上でもベランダなどが
ある窓に限られてしまいます。

 

やり方によっては、高階層の西側の窓にすだれを取り付けることも可能ですが、
台風や強風などの影響で落下の恐れもあったりするので、
充分な強度を保てるように設置するのは、できなくはありませんが、
少々大変な作業になると思います。

 

それに、持ち家ならすだれを取り付けられるように加工する
ということもできますが、マンションなど借り家などの場合だと、
壁などに傷をつけるのもできないですからね。

 

また、窓とすだれの隙間から射す日の光だけでもかなりの熱量があるので、
更にもう一つ対策が必要になってしまうというデメリットもあります。

暑さ対策の窓にフィルムを貼った時の効果は?

次に遮光フィルムやシートなどで窓に貼る場合はどうなのでしょうか?

 

販売メーカーにもよりますが、フィルムを貼ることで
日射熱を約30~40%程度カットするのが主流のようで、
確かに暑さ対策になります。

 

ですが、フィルムを貼り付ける際に、中性洗剤や水などをかけながら
貼っていくのですが、これが素人では空気が入り込んで上手く
貼り付けるのが難しかったりします。

 

あと、フィルムが劣化してくるので、
その際に剥がしたりするのが面倒であったり、
網入りガラスなどだと、そもそもが貼り付けることができなかったりします。

 

それに、フィルムやシートだけでは、30~40%カットなので、
完全な暑さ対策にならず、すだれや遮光カーテンなどを合わせることで
その効果がより発揮できるといった感じになると思います。

暑さ対策の窓に手軽で簡単なおすすめな方法とは?

先ほど紹介した方法でも充分な暑さ対策になるので、
条件さえ合えば、おすすめな方法なのですが、
もっと簡単に出来て、賃貸でも部屋を傷つけること無くできる
方法があるとしたら・・・やってみたいと思いませんか?

 

それが
カーテンレールボックス」を取り付ける方法です。

スポンサーリンク

 

 

カーテンボックスとは何?

と、思うかもしれませんが、
カーテンレールにカーテンボックスという物を取り付けることで、
カーテンの隙間から漏れる上部の光、サイドの光、正面の光をカットするので、
遮光性や断熱性を高められ、大きな省エネ効果を生みます。

 

そして気になる取り付け方も簡単で部屋を傷つけることもなく、
元々取り付けられているカーテンレールのストッパーを取り外して、
カーテンボックスを取り付けるだけです。

 

必要な道具もドライバー1本だけなので、ほんとうに簡単です。

 

説明だけだとわかりにくいと思うので、動画を紹介しますね^^

 

 

暑さ対策もできて、手軽に設置できるのが良いですね^^

⇒ カーテンボックス 一覧(楽天市場)

まとめ

いかがでしたか?

 

暑さ対策には、日光が降り注いでくる窓を対策することが
暑い夏を快適に過ごす効果的な方法となります。

 

対策方法はいくつか紹介させていただきましたが、
それぞれに良い点、悪い点がありますが、一つだけでなく
複数で対策しておいても、より効果的な暑さ対策になるので、
今年も暑いですが、上手に乗り切りましょう^^

 

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑
リサーチアルチザンライト 解析用タグ 解析用タグ(SSL用) 携帯サイト解析用imgタグ 携帯サイト解析用imgタグ(SSL用)