琵琶湖花火大会2015年の日程!宿泊と有料観覧席のお勧めは?穴場は?

公開日: 

琵琶湖花火大会は今年で32年目を迎える人気のある花火大会です。

それもそのはず、滋賀県の大津市にある琵琶湖で開催される花火大会は、

空に打ち上げられる花火と、湖面に反射する花火とで、

他の花火大会では味わえない醍醐味があるのが特徴です。

そんな琵琶湖の夏の風物詩となっている琵琶湖花火大会は、

全国から毎年35万人もの人が訪れるほどの人気があるので、

混み具合も相当なものになります。

今回、初めて琵琶湖花火大会を見に訪れる人はもちろんのこと、

久しぶりに訪れる人にも役立つ情報を提供していこうと思います。

スポンサーリンク

琵琶湖花火大会2015年の日程と概要

【日時】

2015年8月7日金曜日

小雨決行。荒天の場合は8月10日月曜日に延期

【開催時間】

19時30分~20時30分

【打ち上げ場所】

大津市浜大津県営大津港沖水面一帯

【打ち上げ数】

約1万発(スターマイン、4~10号玉)

【予想来場者数】

約35万人

【有料席】

約16,000席(滋賀県営大津港管理用通路・修景緑地などに設置)

前売券:3,800円/当日券:4,300円(3歳以上の子供は同一料金で有料)

7月1日よりチケット販売

チケットぴあ

ローソン

JTB

近畿日本ツーリスト㈱

滋賀県観光物産情報センター

などで購入できますが、ほぼ毎年売り切れになるほど人気のため、

琵琶湖花火大会を見に行く予定があるのなら、早めに購入したほうが

良さそうですね。

【お問い合わせ】

077-511-1530(びわ湖大花火大会実行委員会事務局)

琵琶湖花火大会動画

琵琶湖花火大会2015年のおすすめの宿泊施設は?

有料観覧席が結構な金額でも完売するほど

琵琶湖花火大会は見応えがあり、感動する人も多くお勧めなのですが、

どうせお金を払ってみるのであれば、琵琶湖周辺のホテルに

宿泊して、ホテルの一室から花火を眺めてみるのはどうでしょうか?

これだけの規模の花火大会なので、

有料観覧席で花火の見れる場所は確保できたとしても、

道中の移動(行き帰り)が大変なのが、最大のデメリットです。

ですが、ホテルで宿泊の場合だと、移動の大変さはありませんよね。

琵琶湖周辺地図

最も近い場所でおすすめなのが、大津プリンスホテルですが、

とても人気なホテルなので、この時期の宿泊は予約でいっぱいだったりします。

予約が取れたら、ラッキーですが、

他にもおすすめな宿泊施設はあるので、一覧を参考にしてください。

⇒ 琵琶湖花火大会の周辺の宿一覧(楽たび)

琵琶湖花火大会2015年の穴場スポット

これだけ人気のある琵琶湖花火大会ですが、

スポンサーリンク

実は穴場スポットもいくつかあるので紹介しますね。

【びわこ競艇場】

〒520-0023 滋賀県大津市茶が崎1-1

びわこ競艇場は普段は入場料が必要ですが、

花火大会が開催される日は無料で16:00~21:00まで

スタンドを開放しています。

1、2階とも無料開放していますが、2階は窓越しでみることになりますが、

冷房が効いているので、暑さ対策には良いかもしれませんね^^

3、4階は開放されていません。

トイレもありますし、売店も出ているため、お勧めな場所です。

ただ、地元の方が優先(券が配布されています)になっていますが、

7千人程収容できますので、 地元の方以外でも入場可能です。

駐車場が2か所ありますが、時間が遅いと満車になるため、

車で来る場合は、少し早めに来る方がお勧めです。

【大津湖岸なぎさ公園】

〒520-0811 滋賀県大津市由美浜

打ち上げ会場に近い琵琶湖ホテル周辺はかなりの混雑がありますが、

なぎさ公園の方まで行くと、比較的空いているので、

ゆったりと鑑賞するのにはおすすめの場所です。

【比叡山ドライブウエイ・夢見が丘駐車場】

〒520-0038 滋賀県大津市山上町776-30

有料道路である比叡山ドライブウェイに入ったところにある
夢見が丘駐車場は、知る人ぞ知る穴場的スポット。

高速代を払ってまで鑑賞するのは?

と、思うかもしれませんが、有料観覧席よりも高速代のほうが

安いですし、1人いくらではなく、1台いくらなので、

友達や家族で乗り合わせれば、全然OKではないでしょうか?

また、上から花火を見下ろせるというのも、

他ではなかなか見られないので、ぜひ一度は行きたいところです。

他にも調べてみるといくつも出てくると思いますが、

今回紹介した場所は、かなりお勧めの穴場的スポットです。

ですが、至るところでの交通規制や絶対数が多いので、

渋滞や混雑は避けられないと思うので、早めの移動と、

帰りは数時間は動けないかもしれないという覚悟を持って、

花火大会を楽しんでくださいね。

まとめ

1万発規模の花火大会は、各地域の代表的な存在ですが、

鑑賞しに行こうとなると、混雑は避けて通れないもの。

彼氏・彼女とのデートには、それも楽しみのひとつであったりしますが、

家族で、特に子供が小さいうちは場合によっては、花火どころでは

なくなったりするので、しっかりと事前に準備をして、

子供の負担にならないようにするのも大切ですね。

子供が小さいうちは、地元の花火大会でも

十分に喜んでくれるので、それもひとつの方法かなと思います^^

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑
リサーチアルチザンライト 解析用タグ 解析用タグ(SSL用) 携帯サイト解析用imgタグ 携帯サイト解析用imgタグ(SSL用)