夏バテの食事に食べやすいものでは栄養が偏りダメ!対策で解消!

公開日: 

これから暑くなると、夏バテなど体調を崩したりしますよね。

 

夏バテにならないために対策をしなければなりませんが、

食事などついつい、冷たいものや麺類など食べやすいものを

口にしてしまいます。

 

実際に夏バテ対策はどのようにしていけば良いのかを

今回じっくりと考えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

夏バテの食事には食べやすいものでも大丈夫!

暑くなってくると、どうしても食欲が落ちてきます。

 

たまにいるのですが、この時期を利用して体重が落ちるからと言って、

ダイエットをしようというのはダメですよ。

 

むしろ、積極的に食事を摂るようにしてくださいね。

 

とは言っても、夏バテしてくるとなかなか食べられないですよね。

 

どうしても、食べやし物を口にしてしまうと思うんです。

冷たいものやそうめんなどの麺類など。

 

ですが、こういったものばかりですと栄養素が炭水化物ばかりで、

たんぱく質やビタミンが不足するため、結果的には夏バテしてしまいます。

夏バテ予防の食事に必要な栄養とは

この時期は食欲が落ちてくるので、食べたくても食べられないですよね。

 

だったら、効率よく必要な栄養がとれる食事を心がけてみてはどうでしょうか?

 

ビタミンB群は疲労回復の効果があり、クエン酸は乳酸を分解する効果があり、

アリル類は疲れを予防する効果があり、ミネラル類はそれらの効果を手助けする働き

あるので、結論から言えば、バランスよく食事を摂ることが必要です。

スポンサーリンク

 

具体的には、土用の丑に代表されるうなぎは、これらの栄養素がたくさん含まれていて、

意外に低カロリーでお勧めですね。
(最近は、お値段が気になるところですが・・・)

 

他にも、そうめんなど食べやすい食事に、

しそやきゅうりやノリなどのトッピングをしてみたり、

豚肉の冷しゃぶサラダにレモン汁をかけてみたり、

 

食欲がなくても、野菜スープなどであれば、飲んで栄養が取れますし、

食べやすい食事にちょっと何かを添えてみるというだけでも、

簡単に栄養を補給することもできますし、

夏バテ予防にもなって良いと思いますよ^^

夏バテの食事の対策には生活習慣も改める必要がある

夏バテの予防や対策にはバランスよく食事することも大切ですが、

生活習慣も改める必要があります。

 

睡眠不足などから疲れが残ったり、

過度なストレスや暑いからといって、すぐにクーラーを付けてしまったりと、

そういった生活の悪化から、夏バテになっているかもしれませんね。

 

外気温と5度以上の差があると、自立神経失調症を引き起こす可能性がありますが、

とは言っても、暑い日など冷房を使わないと寝られない日もありますよね。

 

そんな時には、少し厚めの布団に入ったりして、体を冷やし過ぎないように

することが大事です。

 

また、お風呂などもシャワー等で済ませるよりも、

しっかりとお湯に浸かるほうが効果的です。

 

ちなみに、オフロに入ってから食事をするほうが食欲が増しますよ^^

まとめ

いかがでしたか?

 

仕事に忙しいと生活リズムが不規則になりがちで、

夏バテにもなりやすいですが、改善できるところは

少しでも改善できれば、少しずつでも良くなってくると思います。

 

ちょっとした工夫で、夏バテ予防になるのなら

やってみたほうがお得になると思いませんか?

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑
リサーチアルチザンライト 解析用タグ 解析用タグ(SSL用) 携帯サイト解析用imgタグ 携帯サイト解析用imgタグ(SSL用)