梅雨に窓は開けるべき?湿気やカビや結露の掃除と対策方法は?

公開日: 

梅雨の時期になると、部屋中ジメジメとして、

湿気で蒸し暑くて過ごし難いですよね。

 

 

また湿気で結露が出来たり、カビが発生したりと

本当に嫌な時期です。

 

 

今回は梅雨の時期の対策方法について

お話していこうと思います。

スポンサーリンク

梅雨の時期に窓は開けるべき?それとも閉めたまま?

 

やはり梅雨対策としては換気が良いです。

 

 

窓を開けての換気ですが、

梅雨の時期でも天気の良い日は窓を開けて換気すると良いですが、

梅雨から夏の時期は外気の方が湿度が高い場合がので、

外気の状態や時間帯によっては窓を開けることで、

逆に室内が高湿度になってしまう場合もあるので、注意が必要です。

 

 

ですから、温湿度計があると今の状態を確認できるので良いですよね^^

 

 

また、窓を開ける時は大きな窓には網戸があるので良いですが、

小さな窓だと網戸がなかったりするので、虫よけ対策も必要になります。

梅雨の時期の窓の湿気からくるカビや結露の掃除方法

梅雨の時期の湿気は窓から来ませんか?

 

湿気から結露ができたり、最悪の場合はカビが発生したりと、

そうなってしまうと大変ですよね。

結露の掃除方法

結露の場合は乾いた雑巾などできれいに拭き取ります。

今後の対策として、消毒用のエタノールスプレーなどを

かけておくと、カビの予防になります。

カビの掃除方法

市販品のカビキラーで掃除するのが効果的です。

結露と同様、今後の対策に消毒用のエタノールスプレーなどを

かけておくと良いです。

 

 

これで湿気による結露やカビを取り除くことができます。

梅雨の時期の湿気やカビや結露の今後の対策

換気することが大切だと言っても、

窓のない部屋もあったりします。

 

 

それにより、コンクリートの壁もジメジメしていますよね。

 

そうなってしまうと、エアコンや除湿機や扇風機などを使うことで、

湿気対策ができます。

 

 

そりゃそうですよね。

スポンサーリンク

 

エアコン
電気代がかかるから、除湿のためにできれば使いたくない
除湿機
湿気を取り除いてくれるのは分かるけど、
タンクに溜まった水を変えるのが面倒
扇風機
電気代もかからず良いけど、置く場所が邪魔

 

などの理由からそれ以外で対策方法を探してはいませんか?

 

でですね、

我が家ではシーリングファンライトを使用しています。

 

シーリングファンライトとは室内のシーリングライトと一緒に

ファンが付いたものです。

 

これだと、天井にあるので、場所も邪魔になりませんし、

必要に応じてファンを回せます。

 

空気が循環するので、除湿効果もありますし、

意外にあんなにゆっくりファンが回っているだけでも、

部屋の中が涼しくなります。

 

また、逆回転させれば、気流が下がってくるので、

冬などは室内が暖かくなります。

 

一度設置してしまえば、片付ける必要もありませんし、

収納スペースを確保する必要もないですから、かなりお勧めです^^

 

参考までに

⇒ シーリングファンライト一覧(楽天市場)

まとめ

梅雨の時期は本当にジメジメして、

気が付いたらカビが生えていて、掃除するのも大変です。

 

だったら、湿気対策をしようということで

シーリングファンライトを購入してみたのですが、これが大成功。

 

と言うのは、後付で・・・

最初は、

シーリングファンライトってなんかオシャレでかっこいいなと思って

購入したら、結果的に湿気対策にもなったと言う話なんですが(笑)

 

マンションには特にお勧めだと思うのですが、

ネックは各部屋に取り付けるべき・・・?

 

全部の部屋につけるとお金かかるんだけど~・・・と言う事ですかね。

 

まずは試しに一部屋ってのも良いと思います。

なんか、シーリングファンライトの業者みたいな感じですけど、

そんなんじゃ、ないですからね。

 

では、最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑
リサーチアルチザンライト 解析用タグ 解析用タグ(SSL用) 携帯サイト解析用imgタグ 携帯サイト解析用imgタグ(SSL用)