土用の丑の日の2015年はいつ?意味や由来は何?なぜうなぎなの?

公開日: 

土用の丑の日は毎年違うので、今年の土用の丑の日は
いつだったっけ?と、思うものです。

そして、土用の丑の日にはうなぎ(地域によってはあんころ餅)を
食べますが、何故うなぎを食べるのか?

普段、何となくしがちな土用の丑の日について、
今回はお話していこうと思います。

スポンサーリンク

土用の丑の日の2015年はいつ?

2015年の土用の丑の日は
7月24日(金)と8月5日(水)の2日あります。

「エッ!?2日あるの!?」
と、思われたかもしれませんね。

ちなみにですが、「土用の丑の日」は2015年だけでも他に
1月13日(火)、1月25日(日)、4月19日(日)、10月28日(土)
とあります。

1年に土用の丑の日がこれだけあると言うのを知らない人も
多いと思います。

世間一般で言われるのも、夏の「土用の丑の日」ですからね。

でですね、
今年は夏の土用の丑の日が2日あるので、
どちらもうなぎを食べるのが良いの?
と、思われるかもしれませんが、
2日ある場合は、最初のほうが土用の丑の日として
扱われるそうです。

土用の丑の日の意味とは

土用の丑の日がいつなのかわかったけど、
そもそもの土用の丑って何なの?
と言う話になると思います。

土用の丑の日とは?

「土用」と「丑の日」の2つが合わさって「土用の丑の日」
となるので、「土用」と「丑の日」にそれぞれ意味があります。

「土用」の意味

中国の五行思想(五行説)が起源となっており、
万物は火・水・木・金・土の5種類の元素から成り立ち、
それらを敬う思想から由来されています。

昔の人は暦を数えるのに1月○日、2月○日、・・・とは言わずに、
火用の○の日、金用の○の日と言う読み方をしていたそうです。

今は季節を分けるのに四季になっていますが、
昔は5つ(五行)に分けられていました。

春 ⇒ 木
夏 ⇒ 火
秋 ⇒ 金
冬 ⇒ 水

そして、それぞれの季節の変わり目を「土用」
と言っていたそうです。

もっと具体的に言うと、二十四節気
「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の18日ないし19日前の間を
「土用」
と呼ぶので、毎年微妙にですが、前後してしまうんですね。

「丑の日」の意味

丑の日とは、十二支の「子(ね)丑(うし)、寅(とら)、兎(う)、
辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、
申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)」
の「丑(うし)」の日を意味します。

今でこそ、十二支は干支を数えるだけになっていますが、
昔は方角や時間など、12進法で数えるものには普通に使われていました。

スポンサーリンク

「土用の丑の日」の意味

「土用」と「丑の日」が合わさった意味が
ここまで来れば、もうお分かりになると思います。

18日間の「土用」に12日で一巡する「丑の日」。
だから、年によっては「土用の丑の日」が2日あるんですね。

そして本来、「土用の丑の日」の意味は
「土用」は基本的に土に感謝する時期であり、
「丑の日」は丑を休ませる日と言われており、
昔は田畑を耕すのに水牛が使われていたので、
作物の採れる農地や農作業に欠かせない牛に感謝し、
特に一番大変な夏の「土用の丑の日」に土と牛にちなんだ黒いものを
食べるのが良いとされる習慣があったそうです。

土用の丑の日にうなぎを食べる由来

今では、土用の丑の日にうなぎを食べるのが良いとされていて、
スーパーなどでも時期が近づくと、うなぎが大量に用意されていますよね。

うなぎを食べる風習になったのは、江戸時代に
うなぎやさんがとある人物にうなぎが売れないので、
相談したことから始まったと言われています。

その人物が江戸時代の発明王と言われた「平賀源内」です。

うなぎの旬の時期は冬ですから、夏にうなぎを売るために、
当時からも「う」の付く食べ物を食べると良いという説があり、
うなぎが当てはまることと、「本日丑の日」という張り紙を
お店に貼ることで宣伝効果を生み、うなぎ店は繁盛し、
土用の丑の日にはうなぎを食べるという風習が広まったとされています。

ですから、土用の丑の日のうなぎは、商売目的からの由来だった
と言うのは意外で、驚きですよね。

一方で、地域によっては「あんころ餅」
食べる風習の地域もあります。

あんころ餅を食べる風習は、
宮中の公家からによるもので、当時はあんころ餅ではなく、
カガイモの葉を煮だし、その煮汁でもち米に練り込んで食べることで、
暑気あたりしないとされていたようです。

それが、江戸時代中期に「あんころ餅」を
食べる風習へと変わっていったとされています。

確かに、「うなぎ」も「あんころ餅」も色が黒いですよね。

うなぎは夏バテには良いですし、お餅も高カロリーで
消化も良いので、夏バテ対策には良い食材です。

うなぎをどうせ食べるなら、
厳選された評価の高いうなぎを食べてみるのも良いですよね^^

土用の丑の日のうなぎ特集(楽天市場)

まとめ

今まで何となく土用の丑の日だから、
夏バテ防止にうなぎを食べていましたが、
今回、私自身も曖昧な部分が多く、
自分なりに調べてお話させていただきましたが、
「土用の丑の日」ひとつだけでも、大変勉強になりました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑
リサーチアルチザンライト 解析用タグ 解析用タグ(SSL用) 携帯サイト解析用imgタグ 携帯サイト解析用imgタグ(SSL用)