お中元のお返しにお礼は必要?金額や相場は?はいつまでに贈るの?

公開日: 

日頃からお世話になっている人へ贈るお中元。
場合によっては頂くこともあるかと思います。

頂くのは嬉しいけど、お返しってどうしたら良いんだろう?
あるいは、断りたいけどどうしたらいいんだろう?
と、悩んだりしませんか?

今回はお中元のお返しについてお話していこうと思います。

スポンサーリンク

お中元のお返しにお礼やお礼状は必要?

お中元を頂いたらお返しは不要です。(お歳暮も同じです)

厳密には「不必要」と言った方が正しく、お返しをしないからと言って
無作法な人とはなりません。

お中元は本来、お世話になっている人が感謝の気持を込めて贈るものなので、
目下の人が目上の人に贈るのが一般的です。

なので、お返しをする必要はありません・・・
と、言いたいところですが、実際にはお中元を頂いたらお返しをするのが
良いでしょう。

お中元を頂くのも、目下の後輩や部下ではなく、同僚や知人など
同じ立場の人からも頂く機会もあると思います。

また、お中元の送り主も無事に品物が届いたのかを
お知らせする意味でもお返しのお礼をしておくこと良いでしょう。

お礼の際には、電話で済ませてしまう場合も多いようですが、
はがきなど、相手の好意への感謝の気持を込めたお礼状として贈るのが
マナーのようです。

お中元のお返しの金額や相場は?

次に気になるのが、お中元のお返しの金額の相場ではないでしょうか?

お中元は相手によって金額が変わってくるので目安としては、

親戚や友人など同等な人
3,000~5,000円
上司や仲人など目上の人
5,000円程度
特別にお世話になっている人
8,000~10,000円

お中元に限らず贈り物を頂いた場合のお返しは
目上の人には、半額程度のお返し
同じ立場の人には同じ位の金額でのお返しが良いです。

スポンサーリンク

参考までに、
お中元をやめたいと言うのであれば、
・頂いた品物の倍程度のお返しをする
・送られてきた品物を開封せずに辞退する手紙を添えてそのまま返送

以上のように2つの方法があり、どちらも
「頂く気持ちは嬉しく思いますが、今後このような気遣いは不必要です」と
言った意味が含まれていますが、倍返しは意外と知られていなかったりするので、
一筆添えてそのまま返送するのが良いかもしれませんね。

それでも、贈られてくるようであれば、相手もご好意で贈って下さっているので、
お礼状などで頂いた旨を伝えるだけでも、失礼に当たらず、今後も良好な
関係で続けられるのではないかと思います。

お中元のお返しはいつまでに贈れば良いの?

お中元のお返しもお中元と同じで扱いになります。
お中元は地域によって違うのでお返しをする際にも注意が必要です。

詳しくはこちらを御覧ください

⇒ お中元の時期とマナー

⇒ 暑中見舞いの時期はいつから?

7月15日頃までにお返しができるのであれば、「お中元」「御中元」
8月初旬から15日頃までであれば、「暑中御伺」
それ以降は「残暑御伺」として熨斗(のし)に書いてお返しをすると良いです。

なお、関西以西は8月15日頃までを「お中元」
それ以降は「残暑御伺」となるので、自分の住んでいる地域ではなく、
お返しをする相手の地域を考慮して贈ってくださいね^^

まとめ

お中元の時期は贈ったり、お返ししたりと大変ですが、
曖昧な部分もたくさんあったと思います。

お互い気持ちよく、これからも良好な関係を築いていければ何よりです。

今回の記事でお役に立てれば嬉しく思います。
最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑
リサーチアルチザンライト 解析用タグ 解析用タグ(SSL用) 携帯サイト解析用imgタグ 携帯サイト解析用imgタグ(SSL用)