ズッキーニは生で食べれるの?栄養はどう?おすすめのレシピは?

公開日: 

最近では、
ズッキーニの地名度も上がり、
知っている人も多いのではないでしょうか?

ズッキーニは見た目がきゅうりのように細長い形をしていたり、
丸茄子のような、あるいはかぼちゃのような丸い形をしていたり、
色も緑色や黄色と様々ですよね。

ズッキーニがお店で売られていたので購入したけど・・・
知り合いからズッキーニを頂いたんだけど・・・
でも、調理法ってどうしたら良いのだろうかと思ったりしませんか?

今回はズッキーニについてお話していこうと思います。

スポンサーリンク

ズッキーニは生で食べれるの?

ズッキーニはきゅうりの仲間のように見えますが、
実はかぼちゃ(正式にはぺぽかぼちゃ)の仲間なんですね。

なので、
生では食べれないんですね。
(食べれなくもないですが、あまりお勧めできません)

当然、輪切りにしてサラダにしても美味しくありませんが、
黄色のズッキーニであれば、緑色のズッキーニよりも皮や種が
柔らかいので、生食することができます。
(見た目のイメージだと逆に思うのですが、そうなんです)

でも、
生では食べられなくても、火を通すと甘みが増すので、
きゅうりやかぼちゃよりも調理法はたくさんあり、
ズッキーニは使い道の多い食材のひとつになるとお思います。

ズッキーニの生には栄養のある食材なの?

ズッキーニの栄養面の特徴としては、
低カロリー、カリウム、ビタミン類が豊富なのが特徴です。

スポンサーリンク
カリウムが多い場合
高血圧、心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化の予防効果があります。
ビタミン類が多い場合
疲労回復、風邪の予防、美肌効果があります。

ズッキーニの可食部100グラム中の成分

エネルギー:14Kcal
水分:94.9g
タンパク質:1.3g
炭水化物:2.8g
脂質:0.1g
ナトリウム:1mg
カルシウム:24mg
カリウム:320mg
マグネシウム:25mg
鉄分:0.5mg
リン:37mg
灰分:0.8g
食物繊維:1.3g
βカロテン:320ug
ビタミンB1:0.05mg
ビタミンB2:0.05mg
ビタミンB6:0.09mg
ビタミンC:20mg
ビタミンE:0.4mg
ビタミンK:35ug
葉酸:36ug
ナイアシン:0.4mg

ズッキーニのおすすめのレシピは?

ズッキーニを大量消費したい、
簡単に調理したい
というのであれば、
ズッキーニを輪切りにして、オリーブオイルで炒め、
塩やコショウやチーズなどお好みでかけてあげれば、
簡単においしく調理することが出来ます。

他にも、
天ぷらやフライにしても美味しいです。

カレーやグラタンにもお勧めですし、
感覚としてはナスのように使うのがわかりやすいと思います。

ズッキーニ自体も火を通すことで甘みが増すので、
他の食材と一緒に調理してあげると、癖もないので、
本当に扱いやすい食材のひとつになりますよ^^

まとめ

ズッキーニは輸入品なので、
洋食でないと合わないのかなと思いそうですが、
使ってみると、和食でも合いますし、
慣れてみるとどんな調理にも合う食材だと気づきます。

とは言っても、
割高な感じはあるので、頻繁には調理できないと思いますが・・・

ヘルシーでカリウムやビタミン類が豊富なので、
ズッキーニを上手に活用してくださいね^^

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. かのこ より:

    ズッキーニが生で食べられない?
    食べられますよ、しかも美味。
    洋食に合う?
    いえいえ、鰹節にごま油等、いわゆる日本の家庭料理で美味しく生食できます。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑
リサーチアルチザンライト 解析用タグ 解析用タグ(SSL用) 携帯サイト解析用imgタグ 携帯サイト解析用imgタグ(SSL用)